踊りこみ

言うまでもなく当たり前の事ですが、
踊るって事は、振付を覚える事が、最終目的ではありません。

発表会の作品かどうかを別にしても、
やっぱり長くダンスに関わっているならば、
振付を覚えて満足しているのは、ちょっと寂しい感じがします。

何度も繰り返して練習して、
音楽を聞いて動けるようになり、
そして自分なりに楽しめる場所を見つけ、
一緒に踊っている人と、その踊りだったり、
空間だったりを共有する楽しみを感じ、
出来れば、見ている人にも何かを感じてもらえるようになる。

道のりは、長いし
これが正解って言うのもないのが、
踊りのような気がします。

Pureのメンバーは、さて何処までを目指して、
何を感じながら踊っているのでしょうか?

"振付覚えるのが、精一杯?!"
では、あまりに悲しい気がするのですが。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する