芸術の秋!3連休

この3連休は、芸術の秋を堪能しました。

まずは、金曜日。
兵庫県立芸術文化センター 中ホールでの、
Amoeba-Project of dance art 06』を見に行って来ました。
http://www1.gcenter-hyogo.jp/sysfile/center/top.html

私の、先生である、森美香代さんをはじめ、
関西で有名なダンサーの方々の舞台でした。

実は、この舞台の最後の作品(安川晶子さんの作品)の衣装は、
PureFish、衣装部提供だったのです。228
別に、自分が舞台に立ったわけじゃないけど、
なんとなく嬉しい気分でした。

ダンサーの皆さんは、とてもよく体が動いて、
Pureのメンバーもあの1/10でいいから動けたらなー
なんて。。。
(そんなダンサーが、私に習うわけないって!!)

でも、チケット4,800円は高い!
うーん。値段のことばかりは、言いたくないけど、
内容がその価格に伴わないと感じるものは、
やはり高い。
一言で言えば、
"すごーい上手な人の、発表会"って感じでした。
発表会に、4,800円は高い。

昔から、発表会と公演の違いは?
発表会の作品と、公演の作品の違いは?
色々思ってきたのですが、
ずばり!ここが違う!って上手く言葉では言えないのですが、

発表会は、主役は出演者。
で、その出演者の知り合いが、その人を見にやってくるのも。
公演は、主役は観客。
作者が、何かを伝える為に作品を創り、
それをダンサーが表現し、
観客がその作品に対して何かを感じる。。。

うーん。
難しい。。。

でも、残念ながら、
今回の舞台は、私の心には、響かなかったのだぁー
当然、好みが優先する世界だけどね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する